08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
twitter
Twitterブログパーツ
Facebook
Akiko Kuniya

Magazine

Favorite Books
Mobile
qrcode
Links
Sponsored links
Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 木登りヒーリング | main | 五感をひらいて、GO GO GO!!! >>

2011年ってどうだった?

 


今年は変化と破壊の年でした。
めまぐるしく変わる、自分の内側。

嵐のようなうねり、波、そして希望。
自らの弱さも、脆さ、汚さ、激しさ、美しさ、温かさ、愛。

そういった全てのものが、自分だと理解して受け入れること。
そしてただ、見つめること。

パンドラの箱を開けて、憎しみ、怒り、プライド、悲しみ、卑しさ、恐怖。
あらゆる種類の闇が自分から吹き出てきて、それでも。



それでも、ここじゃない。
両手でもがきながら。

それでも。
あらゆる想念の中をくぐりぬけていく。



真っ暗でドロドロの中、コツンと底をうつ音がする。
手のひらに小さく収まるほどの、美しい、でも本当にささやかな光。
真実の自分「神性」を発見し、疑い深く、慎重に、怖々とそれを自分の中心においてみた。

最初は細い糸のようなコードを「ささやかな中心」
にくっつけて、携えてしっかりと離さないこと。
それを頼りに「現実」という暗闇の中を歩く。

そうしたら、細いクモの糸みたいだった自分をつなぐコードが
だんだん太くなってきて、揺るぎない信頼という命綱に変わっていった。

「自分の全てを信頼すること」=宇宙を信頼すること

この宇宙は「私」という「神」が創った全てだから。
「私」がこの世界を創っているただ唯一の存在。

本当に本当に理解したときに、
すべての「モノクロな現実」が色鮮やかに、息を吹き返す。
モンスターに追い立てられるような恐怖が溶けて、世界は愛で満たされる。

いつだって、誰だって、どんな存在だって、宇宙に愛されている。


奇跡は一瞬にして起こる。
この瞬間、「いまここ」の全てがミラクル。




| 日々のこと | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 16:35 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://aco-hina-co.jugem.jp/trackback/73